--年--月--日 (--) --時--分| 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月07日 (木) 23時18分| 編集 |
こんばんは。くま社長です。

昨日はとあるセミナーに参加してきました。
当日までは色々とありましたが、参加してよかったと思いました。

現在、くま社長が進めるべく準備をしている事業において
なにかヒントが得られればいいなと思っての参加でしたが、
得ることが多かったですね。

常々、これからは「物語」をもったものこそが受け入れられると
感じ、なぜ「物語」なのか、それをどのように活かして行くのか
などを考察してきたのですが、その一つの答えになるようなものを
得たと思っています。

物語=おはなし という解釈はそのまま正しいと思いますが、
物語=本物の芸術 なんですね。

本物の芸術というと、なにか高尚なもののように聞こえますが
そうではなく、活きて何事かをしている人一人ひとりにすべからく
持っているものなんです。

その物語を力強くするのも、光り輝かせず終わらせてしまうのも
その物語を形作る本人が「あきらめるか、あきらめないか」なんです。

そして、その物語を作る人にとって一番重要なものは「本気」という
ものでした。

くま社長は「物語」を通じてなにをしたいのか。
改めて考えるきっかけになりました。


禁煙:28日経過

世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。