--年--月--日 (--) --時--分| 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年10月31日 (火) 13時10分| 編集 |
履修漏れ問題について、生徒への救済措置が国会でも検討されはじめています。

補修上限70コマで調整 救済措置毎日新聞

政府は30日、高校の履修不足問題に関する救済措置で、補修を課す上限を70コマ(1コマは50分授業1回)とする方向で調整に入った。70コマを超える履修不足は、レポート提出などで代替する案が浮上している。31日にも公表するが、公明党はさらなる負担軽減を求めており、調整が難航する可能性もある。

履修漏れが発覚している高校によっては、300時間以上も単位取得に足りない学校もありますが、受験シーズン真っ只中に追加で300時間も補修授業をするのは現実的ではないと思うので妥当ではないかなと思います。
一方では、しっかり授業を受けてきた学生との不公平感があるという意見もありますがこのような問題を引き起こしたのは学校側の責任です。

授業を受けてこなかった学生に対して不公平というのはちょっと可哀想かなと思います。

高校側から再三でている釈明として、「生徒の要望に応えるために熱心な教員が行き過ぎた・・・」という話があります。確かにそういう事実もあったとは思いますが、生徒の要望だからといってルールを逸脱するまでもやることはちょっと考えが違うんじゃないか?と思うのです。(第一、生徒が学習指導要領を拡大解釈してまでもやってほしいなどと言ってはいないはずです)

ビジネスをしている立場から言えば、お客様の要望は工夫として積極的に耳を傾けていく必要はありますが、自社の理念に合わない要望まで聞く必要はありません。主体性がなくなり、存在意義まで失われることにもつながりかねないからです。

なにを持って教育とし、ルールに則った上でどのように目指す教育を実現するかは工夫によってなされなければなりません。
ぜひ、この点において再確認していただいて今後の対策を検討してほしいです。

必修漏れ補習「上限70コマ」 既卒者は不問 文科相朝日新聞

必修科目の単位をとらないまま卒業してしまった生徒については「本人に重大な瑕疵(かし)がない限り、第三者による取り消しはできない」と述べ、卒業資格を取り消さないことを事実上認めた。閣議後の会見で明らかにした。

実は、今日の報道でくま社長の出身高校でも履修偽装が発覚しました。修学旅行を世界史の単位に振り替えていたということですが、くま社長の記憶では世界史の授業を受けたような記憶がなかったのでもしかしたら・・・と危惧していたのですが。

当時を振り返れば、学生である自分には学習指導要領なんてものがあるとは知りえなかったし、学校が実施することだからなんの疑問も感じてなかったなあ・・・と思います。

世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。