--年--月--日 (--) --時--分| 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年10月27日 (金) 15時48分| 編集 |
くま社長です。
高校の履修漏れ問題については各方面からも高い関心をもって事態を見守っているようですが、履修を満たしていない生徒に対しての対処は当然としてなされるでしょうが、一方でこのような問題も出てきています。

どうやら履修していない科目について履修したことにして成績表を作成し、教育委員会に対して報告していた事例まで出てきているようです。

必修漏れ、35都道県254校に 多くの科目で発覚朝日新聞

こうした実態の発覚を防ぐため、隠蔽(いんぺい)とも取れる工作をやっていた学校もあった。

 東京都立八王子東高は、3年生320人のうち181人が必修の倫理を履修していなかったが、都教委に提出した教育課程届では全員に履修させると報告していた。全員に倫理の教科書を買わせ、通知表でも実際に選択した別の科目の成績を倫理の欄に記載。こうした操作は少なくとも00年度から続けられていたという。

 愛媛県立今治東高では、世界史B、日本史B、地理Bのうち1科目しか授業を受けていないのに、生徒があと1科目も履修したようにしていた。履修した科目の試験を内容を変えて2回実施し、通知表ではその成績を基に履修していない科目も評価していたという。


朝日新聞の記事では、記事の本筋から外れているので八王子東高側からのコメントは掲載されていませんが毎日新聞では、

履修不足:都立高でも発覚 「ありえない」が一転、釈明毎日新聞

同校の北沢好一校長らは26日午後6時すぎ、都庁内で記者会見。倫理の未履修は少なくとも00年度から行われていたと認めた上で、「着任した03年秋から課題だとは思っていたが、認識が甘かった」と述べた。

 同校は、授業を受けない生徒にも倫理の教科書を購入させていたが、生徒や保護者には説明せず、通知表も履修したことにしていたという。倫理を履修していない生徒は日本史や世界史の授業を受けており、「生徒に進学への強い意欲があり、教員がサポートする気持ちが働いた」と説明した。


とのように報じています。
認識が甘い以前の問題です。生徒に進学への強い意欲があり、教員がサポートする気持ちが働いたとのことですが、その気持ち自体はよいことだと思いますし、実際サポートをすることは良いと思います。
しかしながらサポートの仕方がまずいですし、これはれっきとした公文書偽造であり、犯罪です。まるで、生徒が通知表を偽造しろと要求したかのようにも受け止められる釈明の仕方でどうにも納得できません。

サポートをしたいのならば、ルールである学習指導要領も色々な問題点が指摘されていますが、現行のルールがあるわけですから、ルールを守った上で工夫をすれば評価が上がっただろうに。

履修漏れから発覚した、学校側の体質は別の問題にも共通しそうです。


↓世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!↓
ジェームススキナー
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサーサイト
テーマ:教育
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
長女と 冗談言って笑ってたのですが 笑い事じゃなくなりました(汗) 長女の高校もそうでした。
 昨日 緊急集会があり 校長が涙声で謝ったそうです。 「大変な事態になってしまいまして・・・・・」と。

 文系選択の生徒はいいんだけど 理数系は補習だそうです。 うちも理数選択なので もちろん・・・。
毎日の授業に 世界史を プラスしたり 冬休みにも 一日何時間か組んで・・・・だそう。

 問題が起きた頃 担任は 「うちは大丈夫だぞー」と 言っていたのに なんで? です。 隠し通すつもりだったのでしょうか。 ここまで来たら 今調査中の高校も 全部なんじゃないかな?

 うちは短大受験が決まっていて 四大受けるわけじゃないし 今更・・・って気持ちも強いが 本来 受けるべき授業だったのなら 受けてほしい。 受験に必要とか 必要じゃないとかじゃなくて きっと彼女の知識として 身になるはずだと思うし。
 
 でも・・・これで冬休みは完全弁当に ケテーイ(泣)
2006/10/28(Sat) 09:38 | URL  | monn #-[ 編集]
>monnさん
たびたびコメントいただきありがとうございます!
monnさんのお子さんも渦中の人になってしまったのですね。

くま社長としては、履修もれについては様々な背景はあると思いますが、一番大切にしてほしいことは、教師や教育をする立場の人が生徒に対して「ルールから間違ったことをした時の謝りかたとケツの拭き方」を自身の処し方で教えてほしいということです。

調査も現在進んでおり、かなりの学校で教育委員会・大学に対して虚偽報告をしていることがわかってきています。

この件についてはエントリーでまた触れていきますが一連の問題を教訓として行われるべき事項としては、

(1)虚偽報告に関して
(2)生徒への救済措置
(3)制度の見直し
(4)教員の資質向上への取り組み

以上4点についてトピックを設け、検討されるべきではないかと思っています。

おきてしまったことは取り戻せない話でもあり、虚偽報告がなされた件はなんらかの形で監督する立場の人間が責任を取るべきではあると思います。

しかしながら、自ら改善行動をとる人間に対しては名誉回復の機会は与えられるべきだと考えます。

それにしても、冬休み中もお弁当作るのは大変ですね(汗)
どうぞ、協力してあげてくださいね。
2006/10/31(Tue) 11:42 | URL  | くま社長 #t50BOgd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。