--年--月--日 (--) --時--分| 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年10月31日 (火) 13時50分| 編集 |
くま社長の経営者仲間の方からご招待をいただいて、11月1日に新規オープンする、青森の豚そば屋「けっぱれ」のオープニングレセプションにご挨拶させていただきました。
神田神保町の豚そば屋けっぱれ


どうですか?この外観。落ち着きがあって、独特の味をかもし出しています。

神田神保町の豚そば屋けっぱれ

いくつかの種類の麺を試食させていただきましたが、実はラーメン屋は餃子が大きなポイントを占めているとくま社長は思っています。このお店の餃子は食べやすい大きさで、味もしっかりしており、なにより一口クチに入れた瞬間に肉汁がじゅわっと出てくるのがとても嬉しくなります。

画像を抑えるのをうっかり忘れてしまったのですが、このお店の一押しは「味噌カレー」。スープカレーのようなスープが太麺に抜群に絡まって一気にかきこんでしまいます。

背あぶらたっぷりでスープの温度を下げない工夫がなされた、とんこつ醤油ラーメンや青森ならではの魚貝だしを使ったラーメンなど、この記事を書きながら思い出してしまって思わずよだれが出てきます(笑)
肉感たっぷりなチャーシューがたまらないです(笑)

明日のオープニングにあわせて11月4日までの毎日先着111名様には青森県特産のりんご(王林&ふじ)のもぎたてセットがプレゼントされます。

ぜひぜひ行ってみてください!

豚そば(とんそば)屋「けっぱれ」
住所:東京都千代田区神田神保町1-54-3
※神保町駅・水道橋駅から白山通り沿い 大原簿記学校が目印です※
営業時間:11:00~深夜3:00
電話番号:03-3295-5115

mk_map.gif



世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサーサイト
2006年10月31日 (火) 13時10分| 編集 |
履修漏れ問題について、生徒への救済措置が国会でも検討されはじめています。

補修上限70コマで調整 救済措置毎日新聞

政府は30日、高校の履修不足問題に関する救済措置で、補修を課す上限を70コマ(1コマは50分授業1回)とする方向で調整に入った。70コマを超える履修不足は、レポート提出などで代替する案が浮上している。31日にも公表するが、公明党はさらなる負担軽減を求めており、調整が難航する可能性もある。

履修漏れが発覚している高校によっては、300時間以上も単位取得に足りない学校もありますが、受験シーズン真っ只中に追加で300時間も補修授業をするのは現実的ではないと思うので妥当ではないかなと思います。
一方では、しっかり授業を受けてきた学生との不公平感があるという意見もありますがこのような問題を引き起こしたのは学校側の責任です。

授業を受けてこなかった学生に対して不公平というのはちょっと可哀想かなと思います。

高校側から再三でている釈明として、「生徒の要望に応えるために熱心な教員が行き過ぎた・・・」という話があります。確かにそういう事実もあったとは思いますが、生徒の要望だからといってルールを逸脱するまでもやることはちょっと考えが違うんじゃないか?と思うのです。(第一、生徒が学習指導要領を拡大解釈してまでもやってほしいなどと言ってはいないはずです)

ビジネスをしている立場から言えば、お客様の要望は工夫として積極的に耳を傾けていく必要はありますが、自社の理念に合わない要望まで聞く必要はありません。主体性がなくなり、存在意義まで失われることにもつながりかねないからです。

なにを持って教育とし、ルールに則った上でどのように目指す教育を実現するかは工夫によってなされなければなりません。
ぜひ、この点において再確認していただいて今後の対策を検討してほしいです。

必修漏れ補習「上限70コマ」 既卒者は不問 文科相朝日新聞

必修科目の単位をとらないまま卒業してしまった生徒については「本人に重大な瑕疵(かし)がない限り、第三者による取り消しはできない」と述べ、卒業資格を取り消さないことを事実上認めた。閣議後の会見で明らかにした。

実は、今日の報道でくま社長の出身高校でも履修偽装が発覚しました。修学旅行を世界史の単位に振り替えていたということですが、くま社長の記憶では世界史の授業を受けたような記憶がなかったのでもしかしたら・・・と危惧していたのですが。

当時を振り返れば、学生である自分には学習指導要領なんてものがあるとは知りえなかったし、学校が実施することだからなんの疑問も感じてなかったなあ・・・と思います。

世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
2006年10月31日 (火) 12時26分| 編集 |
大学側の対応がでてきましたね。

山形大、履修科目で虚偽発覚なら合格でも取り消し産経新聞
高校必修科目の履修不足問題で、山形大学医学部(山形市)は30日、入試出願に必要な調査書について、未履修の科目を履修したと虚偽記載しないよう各高校に求めると発表した。虚偽記載が発覚した場合は、合格後でも入学を取り消すとしている。

大学側としては当然の判断だと思います。
大学側は高校側が法的拘束力がある学習指導要領に対して虚偽行為をするとは夢にも思ってなかったでしょうし、もしそれを疑ってしまったら高校-大学間の信頼関係は地に落ちてしまうからです。

monnさんが 高校の履修漏れ問題(5)-偽装に走った原因は?- 寄せていただいたコメントへの返答で述べましたが、この問題に対し、一連の問題を教訓として行われるべき事項としては、

(1)虚偽報告に関して
(2)生徒への救済措置
(3)制度の見直し
(4)教員の資質向上への取り組み


以上4点についてトピックを設け、検討されるべきではないかと思っています。

本エントリーでは(1)虚偽報告に関しての大学側の反応ですが、高校側としては学習指導要領は公示事項で法的拘束力があることを認識していたのでしょうか?
おそらく、知ってはいても法的拘束力はあっても見解の相違(拡大解釈)ということで乗り切れると思っていたのかもしれません。
しかし、証明文書でもある成績書において虚偽記載をして、それを受け取る大学側に対してもその話は通じるものではありません。

処罰は必要だと思いますが、これはどちらかというと個別事件に対しての判断になると思うのであまり重くは取られないかもしれませんね。

世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

2006年10月28日 (土) 04時21分| 編集 |
ここ連日の履修漏れと虚偽報告の問題について、このような問題が起きる根本にあるものはなんだろうかと思い、色々な資料をあたっています。そこで、このような記事を見つけました。

出発点は教師の修養だ産経新聞特集記事

日本教育技術学会名誉会長・野口芳宏氏の話によると、

指導力不足教員に共通の傾向は、研修をしないことだ。学ぼうとせず、自らを磨こうとせず、本も買わず、研究会にも出向かない。研修義務不履行者である彼らには、教員としての最も重要な資質が欠落している。

指導力不足教員と認定された者が2年連続で500人を超えているという事実だけでも驚きモノですが、傾向として挙げられているものは言わば教師版ニートのようなものです。

教育公務員特例法21条には「教育公務員は、その職責を遂行するために、絶えず研究と修養に努めなければならない」とある。「研修」という語のルーツは、実は研究の研と修養の修を合成した和製熟語だ。

研修という言葉の意味を恥ずかしながら初めて知りました。
そして、このような条文があったことも初めて知りました。

教え導く教師自身の人格、思索、見識などを磨くという「自己改善」への熱意の方が実はさらに重要なことである。「修養」とはまさにそのことを指す。現在の学校教育には、教師自身がまず己を磨き続ける「修養」というキーポイントが大きく欠落している。自らを磨き、高めることを忘れて他者を改善することにのみ熱心な教師を真の教育者と呼べるのだろうか。

まさにその通り!と強く賛同します。
生徒に学問を教え、いい子を育てるという考えは「他者改善」であり、他者改善は人間にとって実はかなり魅力的なものです。自分のおかげで相手が変わった!という名誉欲にも似た感情が常に付きまといます。

ですが、自身の人格、思索、見識などを磨くという「自己改善」は普通の人であればできればやりたくないと思うのかも知れません。
自己改善は自ら発心し、行動に移さなければなにも変わらないし、他者改善で得られるような「いい気分」は得にくいからです。

ですから、「教育の研究」に熱心になり、自らを鍛える「自己改善」は疎かにしてしまうのでしょう。

「自己の修養」という言葉に履修偽装・虚偽報告など様々な問題を改善するヒントがあるような気がします。


世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!
世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



テーマ:教育問題
ジャンル:ニュース
2006年10月27日 (金) 16時30分| 編集 |
履修漏れから発覚した、学校側の体質は別の問題にも共通しそうです。
と前回のエントリーで書きましたが、このような場面でもうかがえます。

いじめ自殺「0」、遺族に苦しみ 娘亡くした両親が心境朝日新聞

 文部科学省が、いじめを主な理由とする自殺件数を過去7年間、「0」と発表していたことに対し、04年に自殺した埼玉県蕨市の中学2年の女子生徒(当時14)の両親が朝日新聞の取材に対し、心境を語った。学校側は当時の保護者説明会などでいじめの事実を認めたが、県教委の調査には「(自殺との)因果関係が断定できない」と報告。学校も市教委も現状では内容の訂正は考えていない。「いじめの実態を伝えて」という遺族の切実な思いは伝わらないままだ。

この蕨市の中学校は9ヵ月後ではありますが、校長をはじめとする関係者がいじめと自殺の関連を認め謝罪をし、両親も「最大限の対応をしてくれた」と納得はしているようです。

 両親は学校の対応に納得し、「娘を静かに供養したい」と取材を拒んできた。だが今月、全国でいじめ問題が相次ぎ、県教委が「いじめによる自殺はない」と発表したことに耳を疑った。

 学校関係者によると、文科省の調査は自殺の「主な原因」を問うもので、いくつか選択肢がある。学校や市・県教委はいじめはあったと認識しているが「自殺の『主な原因』はわからない」として「いじめ」ではなく「その他」を選んだ。補足説明も記入できるが、いじめについては触れなかったという。

報告のシステムに問題があるかのように学校関係者は述べていますが、
はっきり言って違うと思います。
「いじめが原因による自殺」という記録が残ることを回避しようとしているように思えるのです。

蕨市教委学校教育課は「いじめがあったことは把握しているが、様々な要因が重なり、いじめが自殺の主な要因だったか断定できなかった。いじめの他に要因があったかどうかもわからない」と話した。事故報告書の内容については「内容が不十分な場合、こちらが学校に再報告を求めるが、この件は報告内容が十分だった」としている。

このコメントはなんとも呆れる言い訳です。
校長をはじめ関係者が遺族に対して自殺といじめの関連を認めているのですから、学校側も一定以上の要因がいじめにあると理解しているはずです。「いじめの他に要因があったかどうかもわからない」とのたまうのであれば、なぜしっかり調査しないのでしょうか。
調査をしておけば、遺族の方にもそれなりの対応の仕方というものが自然と見えてくるでしょうし、なにしろ今後の対応を考える上で重要な話となるはずです。

教師の評価制度は詳しくはわかりませんが、お役所的判断があるとすれば、「いじめによる自殺」という記録が残ることは教師としても校長としても学校としても決していい物ではないはずです。

履修偽装といい、この件といい、どうも学校の先生の中には誰の方向を向いて仕事をするのかという原理原則的な所がわかっていらっしゃらない方がかなり多いようですね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!
2006年10月27日 (金) 15時48分| 編集 |
くま社長です。
高校の履修漏れ問題については各方面からも高い関心をもって事態を見守っているようですが、履修を満たしていない生徒に対しての対処は当然としてなされるでしょうが、一方でこのような問題も出てきています。

どうやら履修していない科目について履修したことにして成績表を作成し、教育委員会に対して報告していた事例まで出てきているようです。

必修漏れ、35都道県254校に 多くの科目で発覚朝日新聞

こうした実態の発覚を防ぐため、隠蔽(いんぺい)とも取れる工作をやっていた学校もあった。

 東京都立八王子東高は、3年生320人のうち181人が必修の倫理を履修していなかったが、都教委に提出した教育課程届では全員に履修させると報告していた。全員に倫理の教科書を買わせ、通知表でも実際に選択した別の科目の成績を倫理の欄に記載。こうした操作は少なくとも00年度から続けられていたという。

 愛媛県立今治東高では、世界史B、日本史B、地理Bのうち1科目しか授業を受けていないのに、生徒があと1科目も履修したようにしていた。履修した科目の試験を内容を変えて2回実施し、通知表ではその成績を基に履修していない科目も評価していたという。


朝日新聞の記事では、記事の本筋から外れているので八王子東高側からのコメントは掲載されていませんが毎日新聞では、

履修不足:都立高でも発覚 「ありえない」が一転、釈明毎日新聞

同校の北沢好一校長らは26日午後6時すぎ、都庁内で記者会見。倫理の未履修は少なくとも00年度から行われていたと認めた上で、「着任した03年秋から課題だとは思っていたが、認識が甘かった」と述べた。

 同校は、授業を受けない生徒にも倫理の教科書を購入させていたが、生徒や保護者には説明せず、通知表も履修したことにしていたという。倫理を履修していない生徒は日本史や世界史の授業を受けており、「生徒に進学への強い意欲があり、教員がサポートする気持ちが働いた」と説明した。


とのように報じています。
認識が甘い以前の問題です。生徒に進学への強い意欲があり、教員がサポートする気持ちが働いたとのことですが、その気持ち自体はよいことだと思いますし、実際サポートをすることは良いと思います。
しかしながらサポートの仕方がまずいですし、これはれっきとした公文書偽造であり、犯罪です。まるで、生徒が通知表を偽造しろと要求したかのようにも受け止められる釈明の仕方でどうにも納得できません。

サポートをしたいのならば、ルールである学習指導要領も色々な問題点が指摘されていますが、現行のルールがあるわけですから、ルールを守った上で工夫をすれば評価が上がっただろうに。

履修漏れから発覚した、学校側の体質は別の問題にも共通しそうです。


↓世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!↓
ジェームススキナー
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:教育
ジャンル:学校・教育
2006年10月27日 (金) 02時27分| 編集 |
こんばんは!くま社長です。

25日から書いている高岡南高校履修漏れ問題ですが、毎日のように拝見している元検事で現在弁護士のモトケンさんのブログでも時期を同じくして活発な意見交換がなされていますので、ぜひごらんください。

色々となされている意見交換の中で【教養】についてのコメントがちらほら出ています。
くま社長は就職活動生や経営者の方たちとお話をする時に、【教養】って一体なんだろうと考えることが時々あります。

教養学部所属なので、面接の時に不利なような気がするのですが・・・
とか、今の若いもんは教養がなっとらん!とかいう話を聞くたびにです。

学校側が考える【教養】と社会にでた人間が考える【教養】とは若干意見が違うような気がしていますが、
自分の教養に対する意見としては2つの意味づけをしていて、

(1)人間としての深みを持たせるものであり、その人の考え方・持論を形成する根っことなるもの

(2)昔でいう修身・道徳といった科目で行われていた、気持ちよく社会・集団生活をする上で必要とされる身の処し方

というものを教養だと考えています。
いずれも社会にでて、社会生活をする上では大変重要な要素だとくま社長は考えており、国語や社会、物理・生物・数学といった科目を学ぶ中で(1)の部分はやりようによっては伝えていくことができるのではないかなと思います。

(2)は、いわゆる「しつけ」というものですが、これは物語(逸話)を活用して伝えていくことができると思っています。
というのも、「しつけ」自体かなり曖昧なもので、曖昧なものはイメージ(映像)として伝えることが一番だと考えるからです。

みなさんは教養という言葉に対して、どのような解釈をされており、また、学校で教養を教える必要があると思いますか?

ぜひご意見をお聞かせください。

参考:【元検弁護士のつぶやき】必修科目履修偽装問題

世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
テーマ:教育問題
ジャンル:ニュース
2006年10月26日 (木) 15時29分| 編集 |
こんにちは!くま社長です。
みなさんは、毎日のニュースをどのように入手していますか?

くま社長は産経新聞と日経新聞を読んでいますが、いつも隅々まで読むことはできないので、ネット上でのニュースサイトを利用します。

特に、数年前からサービスが開始された、日経新聞が展開する「日経ブロードバンドニュース」はお勧めで、毎日ヘッドフォンでニュースを聞きながら作業をしたり、コーヒーを飲んでいます。

サービス開始当初は一日1回更新で、コーナーも数えるほどしかなかったのが、今は複数回更新でコーナーも日経新聞朝刊の解説トレンド情報各ニュース解説天気予報経済解説などなど・・・
難しい用語も別の作業をしながら、流し聞きをしているだけでも繰り返し聞くことができるのでいつの間にか抵抗感がなくなり、難しい専門用語がたくさんでるニュースにも関心がもてるようになります。

ぜひ一度使ってみてくださいね^^

日経ブロードバンドニュース
http://www.nikkei.co.jp/bb/

世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
2006年10月26日 (木) 12時41分| 編集 |
「今から補習」生徒動揺 必修科目未履修 受験優先のツケ 教員「同様の学校多い」

必修科目の履修不足問題が25日、全国各地の進学高校などで相次いで発覚。宮崎市など九州にも飛び火した。有名大への合格者数を競い合い、受験対策を優先したあげくの“脱線”だったのか。「現場の実態と学習指導要領が懸け離れている」「受験を控えて補習はきつい」。学校現場や生徒に広がる波紋。現在進められている指導要領の改定作業にも影響を与えそうだ。

おはようございます!くま社長です。
私立高校なのか県立高校なのか記事からはわかりませんが、知名度を上げて収入(入学金とか授業料とか補助金とか)を稼ぐには指導要領をごまかしても結果を出せばいいんじゃない?的な考えがあったのではないかともうかがえます。
確かに、現場の実態と学習指導要領がかけ離れていることはあるとおもいますが、文部科学省のHPから学習指導要領のQ&Aを紐解くと

 「学習指導要領が最低基準である」ということは、このように少なくとも学習指導要領に示す内容については、全国どこの学校においても、必ず児童生徒に指導する必要があるという意味です。

と定義されています。いくら現場の実態と離れていても指導要領に掲載されている事項は実施しなくてはいけないわけです。その上で現場に必要とされるないようについては児童生徒に選択の機会を与え、指導することができるともあります。

(上記リンクからの記事より)
「進学対策のため、生徒によかれと思ってやった」「よりよい目標達成のためだ」。未履修者を出した学校に共通する動機は「受験対策」。

 中には「指導要領に弾力的に運用していいと書いてあった」(岩手県立高校)と指導要領を曲解して開き直るところもあった。


ですから、このような言い訳はちゃんちゃらおかしいわけですね。
確か、くま社長の出身高校では1日6時間学習で土曜日は4時限までありました。夏休みや冬休みは本人の自己申請で補修講座や発展講座を有料で申し込み、人気の先生はかなり早く動かないと予約ができなかったような記憶があります。

学校の授業が終わったらその足で親父の仕事場に行って仕事して、仕事が終わったら家で宿題をしたり、仕事がないときは友達とバンド談義をしたり・・・・

宿題の出来もテストの評点に組み込まれていて、なおかつ毎回膨大な量がでるので「この鬼軍曹め!」と恨み言も言ってましたが(汗)

その期間が今の自分をつくってくれているような気もします。

ぜひ、この問題は表面的に発覚した部分だけを追及するのではなく
このような問題を引き起こした本質を見極め、改善してもらいたいです。
「ゆとり教育の弊害」なんていうように安直にケリをつけるのではなく。一番の被害者は生徒なんですからね・・・・


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!
2006年10月25日 (水) 23時52分| 編集 |
履修不足:10県65校、生徒数は1万2000人に(毎日新聞)

富山県立高岡南高校で発覚した履修単位不足問題で、新たに青森、岩手、山形、福島、石川、福井、愛媛、広島、栃木の各県の公私立高校でも必修科目を履修せず同様の単位不足になっていることが分かった。単位不足はこれで10県65校、生徒数は約1万2000人に上った。中には、履修を装った報告書を教育委員会に提出する「架空履修」もあった。各県教委や学校は単位不足の3年生が卒業できなくなるおそれもあるとして、3年生への補習授業を検討するなど対応に追われ、文部科学省も全国調査を行う。

くま社長です。
今、ネットで色々と情報を集めているのですが、やはり問題がでてきましたね・・・
履修を偽装して報告している例もあったとは驚きです。
確かに、高校生の週5日制の弊害もあるのでしょうが、こうなっては本末転倒です。
そもそもなぜ高校生の授業が週5日になったのでしょうか。

一番ワリを食うのは他でもない、生徒です。
冬休みも学校に来て授業しなきゃならないのか~と愚痴をこぼす教師が該当する学校にいたら、とんでもないことですね。

世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

2006年10月25日 (水) 22時47分| 編集 |
高岡南高履修もれ・全3年生卒業ピンチ

学校側「勇み足」強調
 県教委 全県立高調査へ

 3年生全員が卒業に必要な科目を受けていない――。県立高岡南高校(篠田伸雅校長、高岡市戸出町)で発覚した、地理歴史科の履修不足。学校側は受験勉強のためと説明するが、1科目の授業なのに書類上は2科目履修とするなど、認識の甘さに疑問の声があがっている。


こんばんは!くま社長です。
このニュース、ちょっとどうかしてるというか・・・
実際に卒業単位を満たすにはこれからの残り時間で70時間の授業をしなくてはいけいないようですね。

今の時期といえば、大学受験の本番前対策に向けて最後の追い込みモードになってくる時期でもあります。
その時期に降ってわいたように「学校側のミスでこのままだとみんな卒業できないよ」となってしまったら本当に困りますよね。

生徒側にとっては大学生のように履修要綱なんて知りもしないでしょうし、怒るのも当然です。

かといって、現実的には卒業できなかったらいくら受験で合格しても進学ができないわけで、なんとか生徒側にも配慮をした形での履修をしてもらいたいものです。

「教師らの熱意が行き過ぎた」との釈明ですが、これもちょっとどうなんかなあと思います。
学習指導要綱の是非の前に、現行のプログラムでは規定の単位を満たさないと進学の資格自体が得られないわけですから、まずそれ(ルール)を満たした上で独自性なり熱意なりを出していけばよかったのに・・・

この問題はこれだけで済みそうな気がしないのは気のせいでしょうか。

世界的な経営コンサルタントが贈る小冊子「成功の9ステップ」CDつきで無料配布中!

このエントリーは参考になったと思う方はクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
2006年10月23日 (月) 04時08分| 編集 |
こんばんは!くま社長です。

おはようございますの方が正しいかも知れませんが…(ρ_-)o

この所、連日連夜徹夜続きです。
と、いうのもようやく(汗)仕事用のサイトを作っているからです。

中小企業さんの人材採用や新規事業開拓調査・人材育成(主に適性検査サポート・キャリアパス形成・コミュニケーション改善)に関係する仕事をしてきましたが、どれも一番重要になってくるものは…

いかに、「自分(自社)の世界観を相手に伝えるか」なんですね。

しかし、こういう話は伝える立場の人もなかなかやりにくいということがあります。

ほとんどの人は「思いつくまま」話しているからなんです。

くま社長は優れたスピーチをされる方や、著名人の人柄がよく表れる逸話などを分析した結果…

どんな人でも相手に考えを効果的に伝える仕組みを発見したのです。

それを皆さんにも伝えて行きたいと思い、いまそのサイトを作っています。

明日には中身はこれから埋めていきますがなんとか人様に見ていただける形にはできると思います。

2006年10月22日 (日) 01時53分| 編集 |
ただいま戻ってきました…

集合したのはいいものの、空が曇ってて全然みれませんでした(泣

でもせっかく集まったので夜のドライブを軽く流した後におしゃべりだけして帰ってきました(ρ_-)o

突発的に行動するとたまにはこんな失敗もするということで…

寝ます(笑)
明日はがんばります…
2006年10月21日 (土) 22時27分| 編集 |
こんばんは!くま社長です。
ただいま人里離れた山へ向かって移動中です。
なぜかというと…

今夜はオリオン座流星群の極大日なのです!
極大日とは、流星群が一番地球に近づく日すなわち、最もたくさんの流れ星がみることができる日なのです!

冬の有名な星座でもあるオリオン座のすぐ脇を見上げてみてください。
一時間に20個ほどという、ちょっと盛大ではありませんが住宅街でなければみることができると思います(^-^)

くま社長の自宅は駅の真横なので、缶詰め状態での仕事のストレスを発散する為にもちょっくら行ってきます。

実は流れ星を見に行くのは今回が初めて。
みれたらいいなぁ…

あ、風邪引かないように暖かい格好をしてくださいね!

オリオン座流星群は朝方までみることができるそうですよ(^-^)/
2006年10月16日 (月) 19時10分| 編集 |
こんばんは!くま社長です。
ちょっと読むのが遅くなったのですが、こないだ資料請求したジェームススキナーの「成功の9ステップ」という本の小冊子を読み終えました。
ジェームススキナーって誰だか知らない方のために説明すると・・・
かの有名な「7つの習慣」を日本語訳した人でもあり、19歳から日本に来て早稲田大学で国際ビジネス論を学び、世界最年少のアメリカ合衆国外交官、NEC、社会経済生産性本部、財務広報コピーライター、起業家、アメリカ最大級の研修会社フランクリン・コヴィー社の日本支社長などを歴任したという人です。

その彼が、数多くの世界的な大富豪・成功者へのインタビューの結果、成功するためには9つのステップがあり、それを実践することで成功する確率はとても高くなることに気づき、それを表したものが「成功の9ステップ」です。
現在、この本を凝縮した内容の無料小冊子を希望する人全員にプレゼントしています!

今なら更に、経営コンサルタント道幸武久氏との成功する秘訣について語った対談CDも無料で付いてきます。
早速CDと小冊子を読んでみたのですが、これはいいですよ。
いくつかの設問に対する答えを小冊子に書き込むことができ、CDを聞きながらやると意識がどんどん集中してきます。

実際やってみてよかったなあ!と思ったので、みなさんにもお勧めします^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
2006年10月16日 (月) 15時23分| 編集 |
こんにちは!くま社長です。

昨日ブログで書いた方から、「記事に書いてもらったことで、途中で投げ出さずにがんばろう!という覚悟ができました。ありがとう!」というお電話をいただきました。

肩肘張らずに、できることからはじめていきましょうね!とお話させていただきました。

ちょっとお茶でもいかがですか?とお誘いを受けたので昨日の方と、ついさっきまで近所の喫茶店でお茶をしてたのですが、「くま社長、物事で成功する秘訣ってなんだと思いますか?」と質問されました。

う~ん・・・成功する秘訣・・・
自分も知ってたらもっと早く成功してるよ!と思いながら、ちょっと考え込んでしまったのですが・・・

「単純なことです。行動し続けるだけですよ。」
ガクッ(笑

なああんだ!

「でもね、くま社長、行動し続ければいいからってなんでもかんでも行動するのはダメですよ。」
「自分は何をやるのか をしっかりイメージした上で、3ヶ月の間、まずはひたすらやるんです。昨日、自分でも情熱レポートの続きを書いていましたが、自分が今の仕事を楽しいと思ったのは、初めて契約が取れた時のお客さんがとても喜んでくれたという思い出があるからなんだということを思い出したんです。」

「たぶん、アレコレふらふらしてたらそういう思い出も薄かっただろうし、大きな商談の前にはいつも初めての契約の時のことを思い出してたんですよね。これが行動し続ける醍醐味なのかなって思ったんです。」

そうか・・・
この方はいつも元気で、人当たりもいいのですが、自分の世界観を明確に仕切れてなかったことがどことなく踏み切れてなかったようですが、情熱レポートを書くことで、自分なりの世界観を見出すと同時に成功の秘訣まで気づくことができたんだなぁとすごく嬉しくなりました。

更に、それを教えてくれるなんて。
そして、情熱レポートをどのように活用するかなどの相談をしていたのですが、
「この情熱レポートは経営者であれば、誰もがやってみるべきですね。自分ははじめ、実はかなり気恥ずかしかったんです。自分のことを物語にして書くことなんてどこかの大企業の人がやることだと思ったし、それを誰かに見せるなんて・・・でも、情熱レポートのいい所は自分の内面と向き合うことができるトコにあると思うんです。それを、難しい言葉ではなく、自分自身に言い聞かせるような思いでかけることが一番のポイントなんじゃないかなあと思います。もっと色々教えてくださいね!」
という言葉まで頂き、ますますやる気になってしまいました(笑)

今週はとてもいい天気が続くそうで、布団一式を干していますが、いい気分で1週間を過ごせそうです。

自分も今週一週間がんばるよ!という方はクリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
2006年10月15日 (日) 23時04分| 編集 |
こんばんは!くま社長です。
今日は地元エリアの新座市民祭り産業フェスティバルに参加した後メンバーとわかれ、一人のんびりしていた所に1本の電話を頂きある方とお会いしてきました。

このところ考えている「いかにメッセージを相手に伝えるか」という事に対して、悩んでいるという方です。(話の掲載は本人の許可を得ています)

父親が社長を務める会社で長年働いていて、自分自身そろそろ代替わりかな・・・と思っており、父親もそのような雰囲気を漂わせているのだけど明確にそのような話はまだでていない。

自分自身も仕事の中で、時代とは少し違うな・・・と感じることがあり、それを父親に話しても見ているのだけどしっかりと話を聞いてくれているように感じない。
社員の中でも、自分の考えに共感してくれる人達も若干でてきているが社長との方針と違うのでこのままいけば、衝突がおきかねないのではないか・・・と悩んでいる。

というお話でした。

お話を聞いている中で、この方はとても社員や父親である社長のことを思いやることができるすばらしい方だなあと感じました。
実際、代替わり・・・という話になると、衝突するケースはだいぶあるのではないかな?と思うからです。
事前に衝突の予兆を感じ、それをうまく回避しながら認められた上で事業を継承したいと思い、その方法を考えようとする方は本当にすばらしいと思います。

質問をさせていただいている時に、ご自身が感じているように「自分が事業を継承することで何をしたいのか」という自分が考えている思いを明確に仕切れていない、よく理解してもらえる伝え方がわからないということが悩みの種になっているのかもしれないな・・・と感じました。

もちろん、代替わりの話が明確にでてこないというのはさまざまな理由があってのことだと思いますが、今回のケースでは「思いの伝え方」にあるのかなと思ったのが正直な感想でした。

そこで、今モニターテストとして進めているサービスのお話をさせてもらい、即興ですがその場でカウンセリングをさせていただきました。
この方にやっていただいたのは情熱レポートというものです。

これは、自分が仕事をしての数十年の中で感じてきたことや、自分の人生観を織り交ぜながら、これからの仕事を通じてなにをメッセージとして伝えていきたいのかを具現化するツールです。

概要を手書きで書きながら、なにを一番伝えていきたいのかを一緒に見つけ出すステップを踏みながら、レポートの書き方をお話し、約1時間かけて骨子を作りました。

その過程で、ご自身でも気づいていなかった、普段から実践している世界観の伝え方や何が原因で今一歩踏み出せていなかったのかなどを発見することができ、ステップ終盤ではこのレポートをどのように活用しながら日ごろの仕事や社長との面談に臨むかなどかなり深いところまで話し合うことができました。

今回のケースでは、若い頃の衝突や自分自身、現在やっている仕事に対して、自分が感じている世界観を明確に仕切れていないことが大きな要因でした。

くま社長自身、そのようなことがあった記憶があったのでとても共感し、なんとかこの方のお役に立ちたい!と強く感じ、真剣にお話させていただきました。

何かを感じたなあ・・・と思った方は応援お願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
2006年10月15日 (日) 11時05分| 編集 |
20061015110559
あっという間ににんじんうどんの配布が終了してしまいました…(-.-;)
開始から30分もかからなかったです。

にんじんうどんはくま社長の所属する経営者団体で作っているのですが、どこで買えるの?という反響が多くてとても嬉しかったです。

2006年10月15日 (日) 10時27分| 編集 |
20061015102734
配布開始しました。開始と同時に長蛇の列です!
2006年10月15日 (日) 09時44分| 編集 |
20061015094405
にんじんうどんの配布準備が完了です。

うどんは新座市の村上朝日製麺さんに作っていただきました。
にんじんうどんは例年人気で、一時間位で終わってしまいます。

食べて見たいかたはお早めに(^-^)
2006年10月15日 (日) 09時22分| 編集 |
20061015092208
こんな感じのうどんです。にんじんの色がきれいにでています(^-^)
2006年10月15日 (日) 09時05分| 編集 |
20061015090502
おはようございます!
今日は新座市民まつりに参加しています。
にんじんうどんの無料配布をします(^-^)/
2006年10月09日 (月) 11時28分| 編集 |
くま社長です。

今日は本当にいい天気ですねえ~!
くま社長は昨日帰ってきてからピクリともせずぐっすり寝てしまって、ようやく頭が覚めてきました(恥)

今日は緑に囲まれた公園にでもドライブしたいところですが、今日の所は一人寂しくスーパー銭湯にしようかな…(恥)

昨日の全国大会はサプライズゲストが登場したり、とてもよい会になったのではないかなと思ってます。(会場外の強風はなんとかしてほしいですが…)

今日知ったニュースだと、ほんとしょうもない事件を起こした人もいるみたいですが、自分の選択としては「場を理解した節度ある酒飲み」をいままで通り心がけたいと思います。

…事件起こして新聞に載ってから気づくんじゃ遅いんですからね!
2006年10月08日 (日) 19時46分| 編集 |
くま社長です。
ようやく郡山の地から帰って参りました。

今回は一年の締めくくりとあって、本当に多くの気づきを得ることができました。

帰りは別件があったため先に失礼させていただきましたが、帰りの電車では力つきて寝過ごしてみたり、次の電車を一時間も待ったりとアレでしたが(-"-;)

貴重な経験をさせていただきました。

とりあえず、風呂…笑
2006年10月08日 (日) 14時22分| 編集 |
くま社長です。
全国大会は無事全日程を終了しました。
約一万五千人の経営者が集まったみたいです。

これから一路地元へ帰ります…
2006年10月08日 (日) 01時25分| 編集 |
くま社長です。
ただいま懇親会会場のある旅館です。帰る手段をなくしてしまったので、メンバーの皆さんのご厚意で泊めていただいてます。

色々な意味で勉強になる一日でした。

明日は午前中で解散したあと、郡山でひと仕事してから帰ります。
2006年10月07日 (土) 16時51分| 編集 |
20061007165128
セミナー終了しました!500名収容の会場に400名以上の経営者の皆さんにご参加いただきました。

今は地元の経営者仲間と合流して懇親会に向かいます。

2006年10月07日 (土) 14時07分| 編集 |
20061007140726
受付開始しました。
続々ときています!

いよいよ14:30から開始です…
2006年10月07日 (土) 12時56分| 編集 |
20061007125608
メイン会場受付ロビーは全国の経営者のみなさんで徐々に活気がでてきています。

くま社長の出番は14:30からです。
2006年10月07日 (土) 12時28分| 編集 |
20061007122829
おはようございます!くま社長です。午後から開催するセミナーの準備中です。

ほかのメンバーは会場内でリハーサル中です。
くま社長は関東地区担当受付で皆さんをお迎えします(^-^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。