--年--月--日 (--) --時--分| 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年09月21日 (木) 13時30分| 編集 |

埼玉ブログ新規登録受付中!埼玉在住・出身・通勤通学の方を募集しています

こんにちは!くま社長です。
ついさっきまで、かねてよりやってみたかった・・・
無線LANの設定をしていました。

無線LANの設定



なぜかというと・・・

無線LANにした理由


・くま社長は外で打ち合わせをしたり、仕事をすることが多いので、事務所内では確かに有線LANの方が当然速度は出るのですが、毎回接続するのが面倒(笑)
・ちょっと席を移動したり、別のフロアーに移動するときに線をイチイチ取り回さなくてOK
・事務所にこられた方のPCがネットに接続できる

ということから今日、やってみました。

やったことは・・・

・無線LAN用のルーターを外から引き込んでいる回線に接続
・ルーターの電源を入れる
・PCの無線LAN自動検出機能をオンにする

以上!

笑。


たったこれだけでした(汗
実は、くま社長、無線LAN用のルーターはだいぶ前に入手していました。
光回線の契約キャンペーンのときの特典で・・
持っているルーターはBUFFALO(バッファロー)のAIR STATION(エアーステーション)G54。
使っているノートPCは東芝のdynabook SS SX/290NK。
東芝のノートPCは自動で無線LANを検出してくれる機能がとても使いやすいので気に入っています。

さて、無線LANを設定するときにちょっと気になっていたのが「暗号化」というもの。
暗号化をしておくと、自分の無線LANの回線にまったく関係のない第三者がアクセスできないようになります。
それにセキュリティの関係上、暗号化はしておいたほうがいいみたいなのですが、くま社長の場合は暗号化はしてません。

前述したように、事務所に来たお客様とはよくPCを使いながら打ち合わせするので気軽に使ってもらえるようにしたいからです。

と、いうわけであまりにもあっけなく無線LANの設定が終わってしまいました・・・笑


うちも無線LANにしてるよ!という方はクリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーサイト
テーマ:周辺機器
ジャンル:コンピュータ
2006年09月21日 (木) 12時57分| 編集 |

E500PTH


先日ご紹介した米国SHURE社のイヤホン、

E500PTH

ですが、ネットで色々見てみると大体6万6千円台が相場みたいですね。

E500PTHの特徴


check.gifプロのミュージシャンがステージ上で、演奏音をモニタするために生まれたイヤホン。
独自のイヤパッドが耳穴の内部にしっかりフィットして周囲の音をカットし、小さい音量でも豊かな響きとクリアな音像を楽しむことができる
(プロが使うイヤホンを手軽にもてるのはちょっと嬉しいです)
check.gif耳にも優しく、交通機関や人混みの中など騒音が激しい環境にも適している。
イヤパッドは、種類とサイズを複数用意しており、自分の耳に最も合う装着感を選ぶことができる
(これって結構重要なポイントだと思います移動の際にポロッて外れた経験は僕だけではないはず)
check.gif低音域と高音域2つのドライバを搭載
E500PTHは、低域と高域を専用のドライバユニットが駆動する2-Way構成を採用。高域用に1基、低域用に2基の高精細バランスド・アーマチュア型ドライバを搭載し、どこまでも精緻な高音域と、深く豊潤な低音域を再生する。(要は大変いい音で音楽が楽しめるということですね^^)


このような高性能でしかも手軽に扱えるイヤホンの相場は先ほど書いたように6万6千円台とやはり若干高いように感じます。

しかし、色々見ていたらそのイヤホンが6万円以下で買えるところを見つけました!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓画像をクリックすると値段を見ることができます
SHURE E500PTH-J ヘッドフォン SHURE E500PTH-J ヘッドフォン
(2006/07/31)
Shure Incorporated

この商品の詳細を見る

どうです?平均価格より●千円も安いなんていいですよねえ・・・
くま社長は普段、音楽を流しながら仕事をしていることが多いので、この値段だったら買おうかなぁ。。。と思ってます。

参考:SHURE E500PTH-J ヘッドフォンの情報を詳しく読む

いい情報をありがとう!と思った方はクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:音楽のある生活
ジャンル:音楽
2006年09月21日 (木) 12時18分| 編集 |

埼玉ブログ新規登録受付中!埼玉在住・出身・通勤通学の方を募集しています

こんにちは!くま社長です。
昨日は楽天が主催するネットショップのセミナーに参加してきました。
いま進めている企画になにか参考になればと・・・

楽天ってだれもが知っているように、日本で最大級のネットショッピングポータルサイトです。
会員数も、2237万人と日本の人口の2割も保有しているように大変なものです。
その楽天は今年で楽天市場をオープンさせて10周年。
日本で一番利用されている検索エンジンのヤフー!も10周年。
たしか、オープン当初はインターネット利用者も今ほど多くはなく、
マニアックな人達が使うような印象がまだまだあったかと思います。

最初は機能も少なく、どれだけ多くの人が利用するようになるのかなあと思っていたのですが、ブログの登場やブロードバンド環境の整備によりいまや爆発的に利用されるようになっています。

楽天本体に限れば、かなりの売上げを出しているにも関わらず赤字がずっと続いているなどおかしな構造になってはいますが、楽天市場に出店している企業の中には運営者が2人で月商300万円をたたき出していたり、誰が買うの?というような一体200万円もするような鎧(!)が飛ぶように売れていたり、なんだかすごい世界だなあ・・・と感じてしまいます。

実際参加してみて、ネットもリアルも商売の基本形はやはり同じなんですよね。
商品を人目につくようにPRし、お客さんと関係を作っていきながら繰り返しご利用いただけるように関係を深めていく・・・

ただ、リアル(実店舗)と違いネットの最大の利点というのは、リアルでは初回から聞きにくい情報なども全部保有することができる!
ということです。

以前の商売のスタイルというものは、実店舗から半径数キロという範囲の中で密接な関係を作っていったなかでの販売となっていましたが、
これがネットの活用ができるようになることで、従来の関係の作り方を大切にしつつ、お客様の情報を半自動的に整理できたり、やり方によってはより密接な関係を作ることだって可能です。

いずれにせよ、大事なのは「集客」ではありますが・・・
これも今まで実店舗を持ち、10年・20年とご商売をされてきているお店であれば、ネットへの取り組みがはじめてであったとしても、やり方次第では多少時間はかかりますがかなり強力なツールとなると思います。

check.gifネットを●●●の●●という使い方をして、商材によっては●●月に照準を合わせて展開
check.gifそして●●●を使って、お客様とのより密接な関係をつくって行きながら、定期的にお客様との距離を近づける●●●●●●●をする。
check.gifそれと時を同じくして、●●●●●●を活用して地域の中での独自な位置を獲得し、お店のカラーを確立する
check.gif実店舗では●●●を活用して、ただのお客様と販売店という関係から相互の悩みを解決するパートナーという関係になる

これが、現時点でくま社長の考えるネットの使い方です。
ネットで商品を売る!という考え方だと、相手は全国いや世界中にまで広げることは可能ですが、一番恐ろしいのは企業内での対応できる環境が追いつかなくて逆に評判を落としてしまうことだと思います。

実は、「集客」と「対応」この2点がネットでの展開に中々踏み切れない要素なのではないかな?と思いますが、上記のやり方だとリアルとネットのバランスをうまく取れた、骨太の展開が可能になります。

今まさに、その展開をはじめていますがかなり面白いことになりそうです。

ポイントは「あせらない」ことですけどね^^

ネットを使ってワクワクする取り組みをしてみたいなあと思った方はクリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。