--年--月--日 (--) --時--分| 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年09月06日 (水) 06時51分| 編集 |

関連エントリ-はこちらです。
コミュニケーションを改善するには(1)
コミュニケーションを改善するには(2)

おはようございます!色々あって早朝からの更新のくま社長です。

実際、面と向かって親と向き合って話をするのは久しぶりだなあ・・・
と思いながら今日はどういった趣旨で話し合いをしたいのか、そこで見出したい結果はなんなのかを話した上で時間を取ってもらって話を始めました。

まずはここ最近コミュニケーションの機会自体が少なくなっていたことを詫びて、今までお互いがどのように感じていたのかをじっくり話しあい、そこからなにを解決すればいいのかなど、かなり込み入った話へ・・・

親に対しては、自分が長男ということもあり自分の感情を飲み込んでしまうことが多かったのでこの際、言いたいことをはっきり言いまして。

親のほうも、今までなにを考えてきたのかを話してもらったのですが
これほどまでにお互いが自分の思っていたことを伝えてなく、間違ったように受け止めていたのか!ということにびっくりしました。

よく、日本人は「行間を読む民族」といわれたりします。
その人の雰囲気や、居住まいを空気として感じて、それにスッとあわせていく・・・

ということですが、やはり思っていることはしっかりと言葉にして
伝え合っていかないとボタンの掛け違いは相当ひどいものになってしまいかねないなあ・・
ということを改めて実感しました。

もちろん、ただ感情のまま言うのはダメです。
相手の状態を慮りながら、言うことを聞かすとか、思い通りにするとかを考えるのではなく、誠実な態度で臨むことが大事なんだなあと、
改めて実感した昨日でした。

そして、この時間を設けたことで、お互い気分がなぜかすっきりしています。
一歩一歩前進ですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。